かっこいい・かっこよければ・かっこよい時
北海道が元気になれば、日本が元気になるはずだ。よーし、北海道のために一肌脱ごう! いや、寒いから今度にしよう!
わたしの身の上

白石ダイナ

Author:白石ダイナ
おれ、おっさん。
北海道が好き。
バイクが好き・
スポーツ観戦が好き。
女子好き。
北海道を元気にして東北を蘇らせるぞー


時間教えて!べっぴんはん


アクセスしたの?

どーして?

だいじょうぶか?


ニッポン!チャッチャッチャッ


好き!北海道


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢山飲んで、ずっと居ろ!
本が好きだ

自宅のトイレをコーチャンフォーのように改造したい

新刊コーナーの前に便器を置くのだ


コーチャンフォー!(HG風)ミュンヘン大橋店で本を購入した。

1週間前のことなのでどんな本だったかは忘れたが

確か「億万長者になろうぜ」な内容の本だ。

だから早く読みたかった。


外は暑い。車内では読みたくない。

となると必然的に同じ建物内の○○○-ド-○○に入るしかない。

前回は膜吐鳴る怒で「早く帰れ」攻撃を受けたばかりだったので、

ファストフード店にプチ抵抗感が芽生え始めていた。



意を決して、スタっとレジの前に並んだ。

さあゲームの始まりだ。

僕はいつでも44マグナムを取り出せるように、脇に手を入れながらレジの前に並んだ。

陳列棚にドーナツがドヤ顔で並んでいる。

メニューが見づらいなんてどこの途上国の話だ? 

これなら日本語の不得意な外国人でも頼みやすい。 いいね、いいね。

「今日はポン・デ・リングがお安くなっています」

親切だ、クールジャパンなサービスだ。

なに?なに? ホットカフェオレはおかわり自由だと? 頂くしかないだろう。

だが油断はしない。 

「ホットカフェオレとポン・デ・リングをくれ」とクリント・イーストウッド演じるキャラハン刑事風に言った。

ブツを受け取ったあと、俺は狙撃されにく席を選んだ。

前回はダストボックスのそばに座って襲撃されたから、今回はダストボックスとダストボックスの中間の席に座った。

席に着くなりポン・デ・リングをモグモグしながら周辺を見渡した。

BGMの音量は大きすぎず小さすぎずで合格だ。

残る注意点はあのテロリストたちの行動だ。







「来た!」こっちへ向かって歩いてくる。

「ご、ゴミを収集するのか?」



「カフェオレのおかわりはいかがですか?」

「あ、お願いしまーす」


思う存分に本が読めた。

カフェオレも3杯飲んだ。


ニッポン最高。

ミスド最高。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。