かっこいい・かっこよければ・かっこよい時
北海道が元気になれば、日本が元気になるはずだ。よーし、北海道のために一肌脱ごう! いや、寒いから今度にしよう!
わたしの身の上

白石ダイナ

Author:白石ダイナ
おれ、おっさん。
北海道が好き。
バイクが好き・
スポーツ観戦が好き。
女子好き。
北海道を元気にして東北を蘇らせるぞー


時間教えて!べっぴんはん


アクセスしたの?

どーして?

だいじょうぶか?


ニッポン!チャッチャッチャッ


好き!北海道


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一流を目指せ
グッチー

はやぶさ かっこいい。

JAXA 月・惑星探査プログラムデイレクター 川口 淳一郎

(11月11日 ビジネスEXPOビジネスセミナーの講演より)



 人材育成で重要なことは「鶏口となるも牛後となるなかれ」だと思います。

大きな組織の小さな歯車であるよりも、どんなに小さくても裁量を任された方が人材は育つということです。

われわれの業界も「タイの切り身よりもメザシになれ」と言います。





 人材育成で肝要なことは、一流と二流、三流を識別することだと思います。

一流の人やグループには予想外のことが何も起きない。

二流は心配していることは起きませんが、想定外のことがたくさん起きる。

三流は心配していることが現実になってしまいます。

はやぶさは二流で、運が良かったから帰ってこれただけです。


 一流は何もトラブルを起こさないため、褒められたり評価されることが少ない。

社内表彰を受ける人で多いのは二流の人。問題を起こすものの挽回し、その克服を表彰されるものです。

そういう二流の人しか見えないようにして人材育成すると、二流の人にしか届きません。

一流の人はリスクを未然に検出し、不具合の発生を抑えているのです。

一流が人材育成のゴールと示せなければ、ゴールを見定めていないことになると思います。



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。