かっこいい・かっこよければ・かっこよい時
北海道が元気になれば、日本が元気になるはずだ。よーし、北海道のために一肌脱ごう! いや、寒いから今度にしよう!
わたしの身の上

白石ダイナ

Author:白石ダイナ
おれ、おっさん。
北海道が好き。
バイクが好き・
スポーツ観戦が好き。
女子好き。
北海道を元気にして東北を蘇らせるぞー


時間教えて!べっぴんはん


アクセスしたの?

どーして?

だいじょうぶか?


ニッポン!チャッチャッチャッ


好き!北海道


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年前の12月8日
ダボーファニャジー
それまでは好きな人の死に遭遇したことが無かった。
ショックだった死はあった。1978年の田宮次郎の自殺だ。
しかし、神経質そうな彼は好きにはなれなかったが、ジョン・レノンは別だった。

初めてビートルズを聴いた時の衝撃、と同時に既に解散しているという残念な思い。
中学生の僕は、彼等をリアルタイムで聴いていた人達がとても羨ましかった。

そんな時にジョン・レノンの最新アルバム『double fantasy』が発売された。1980年11月17日だった。
こづかいを握り締めて、脚をぐるんぐるん回してレコード屋へ走った。


毎日聴いた。中学生にとっては少しきつい歌(「kiss kiss kiss」)もあったが、優しいおっさんの歌に癒され手田その矢先の1980年12月8日、頭のおかしい男に撃たれて死んでしまった。
あまりにもくだらない死に方。こんな偉大な男を誰もいない夜道で死なせてしまった。
人はどんな形であろうと、いつかは死んでしまうからそれ自体は仕方が無いが、自分の死期を知らずに死んでしまったのは非常に残念だ。
ファンの僕らは、彼を誰かに連れ去られてしまったような喪失感が大きかった。

今日の東スポは、珍しくまじめに彼の特集を組んでいたので、その中から印象に残った部分を忘れずにメモしておこう。

ジョン・レノンと親交の深かった湯川れい子さんへのインタビューより

「私はジョン・レノンは、平和の礎になる生き方を、ダライ・ラマ14世のように若者し示してくれる人だと思ってた。
ヒトラーやスターリン、毛沢東は殺されていない。暗殺される人はほとんどが共生と平和を説く人。
ガンジーやキング牧師・・・・・・。(中略)
もし彼が今生きていたなら、東洋の哲学や自然観にも深く触れた人だったので、限りなく東洋思想に近づいていったのでは。
「世界の宮沢賢治」のような人になっていたのでは。
私達生き物はすべて、一つの宇宙、一つの地球を形成している生命体だという自然観。
音楽でも、それがより明確になっただろうと思う」

今生きていれば70歳。 北海道にも来たがっていたそうである。 残念。
スポンサーサイト
ジミー・ペイジ
ジミー・ペイジ

jimmy page 1944年1月9日生まれ

見た目と才能の二つを兼ね備えているギターリスト。

ROCK ROCk ロックに対する情熱。かっこいい。

ブルースとロックを合わせたような曲。 泣いているギター。世界最高峰のギタリストだと思います。





ぶっちゃけ顔も名前も似てるっちゃあ似てるし、似てないっていや似てないし。
こんな男になりたいシリーズ「日本編」です。
色気、これも男に必要だと思います。
サザンオールスターズは夏のイメージですが、桑田佳佑氏は雨が似合うと思うのです。
なぜなんでしょう?。良く言えば哀愁がある。悪く言えばジトっとしている。(笑)
でも僕はここが好きなのです。良くいえば○○、悪く言えば○○というところ。
悪いところも受け入れるのがかっこいい男だと思うのです。

才能があるのにドスケベ。 かっこいい。


今日の札幌は久しぶりの雨。
青空はもちろん好きだけど、ざーと降る雨も好きです。
Big Wednesday
『Big Wednesday』
1978年製作 出演者 ジャン・マイケル・ビンセント
              ウイリアム・カット
              ゲイリー・ビジー

ジュニアの頃は、日本に軽い嫌悪感があって、その反動でアメリカに強い憧れを持っておりました。
アメリカ人になりたかった訳ではありませんが、俺ならアメリカで生きていけると、少し自惚れておりました。
今? 今は歴史を自分で勉強して、日本と日本人であることを誇りに思っているし、寿司と天ぷらはやはり日本で
食べるのが一番いい。

しかし、アメリカっちゅう国は、青春ものとか、ラブものとかを魅せるのがうまい。
この映画を見て、一発で「おれ アメリカに行ってサーファーになる」って思いましたわ。
『砂の器』でブルーになって、『Big Wednesday』で前途有望、俺の未来はレインボーな気分になりました。
実際、学生になってサーフィンを試しましたが、金銭的に苦しくなり1年ほどで止めました。
感化されるのも、断念するのもその速さは一流ですから。


 
サーフィンといえばこのおっさん。
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。