かっこいい・かっこよければ・かっこよい時
北海道が元気になれば、日本が元気になるはずだ。よーし、北海道のために一肌脱ごう! いや、寒いから今度にしよう!
わたしの身の上

白石ダイナ

Author:白石ダイナ
おれ、おっさん。
北海道が好き。
バイクが好き・
スポーツ観戦が好き。
女子好き。
北海道を元気にして東北を蘇らせるぞー


時間教えて!べっぴんはん


アクセスしたの?

どーして?

だいじょうぶか?


ニッポン!チャッチャッチャッ


好き!北海道


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷くんに朗報
大谷受け入れへ“稲葉塾”で全面サポート…日本ハム

スポーツ報知 12月2日(日)7時2分配信

 日本ハム・稲葉篤紀外野手(40)が1日、大谷を“稲葉塾”に受け入れ、全面サポートする考えを明かした。
メジャー挑戦を表明していた160キロ右腕は、3日に栗山監督と再交渉。入団した場合は「チームに溶け込めるようにする」と話した。

 18歳の苦悩を感じ取った。「メジャー宣言してからファイターズってチームメートの反応を気にしているのかな」。稲葉は大谷を気遣った上で入団を熱望。「全然気にしなくていい。ファンも応援してくれると思う。入ってくれれば優勝にも一歩近づく」と力を込めた。

 そのためにも自らが率先してプレーしやすい環境をつくり出す。「来年は中田を俺が監視しないといけない」とベテラン。門下生に中田、陽岱鋼らをかかえる“稲葉塾”に大谷も招き入れる考えだ。この日は、札幌市内の室内練習場で約1時間半の練習。ともにノックを受けた宮西に「ヘイ、メーン」と声をかけるなど、気さくにコミュニケーションを図るのは稲葉の得意とするところ。もちろん、大谷にも同じように接していく







メジャーに行く前に、まず稲葉さんが英語を教えてくれる。

「ヘイ、メーン」を覚えてからメジャーに行っても遅くはないと、元メジャーリーガーの桑田氏も進言していた。(←うそ)

スポンサーサイト
命!
ゴルゴ

2012年7月17日の北海道新聞より
今シーズン初参戦 札幌ドームにいたのは・・。
ばっくすくりーんよこ
5月23日(水) DeNA横浜戦 ナナイチゴチケットで入場。内野C指定席¥1,100円です。

道東方面の中学校の修学旅行の生徒がたくさんいました。


ころんころんしたもの
なんか丸いころんころんしたものが出てきました。


ころんころん
ころん、ころん。

Y
ん~、わいっ!


M
エムっ!

ころん
ころ~ん。

行くな!ダルビッシュ
あいにく俺は物分りのいい大人じゃないのだよ。





行かないで欲しい。


行っちゃダメ。





考えなおして・・・・。







今夜はヤケ酒だ。

車で出かけるから、ノンアルコールビールだけどな(怒)
道外のファイターズファンへ
勝つどころか、最近では点すら取ることが出来ないファイターズ。

ファンのイライラも、もはや峠を越してしまって悲しさいっぱい、たそがれエブリデイだ。

そんな北海道のファンの気持ちを癒す出来事があった。

本日の北海道新聞の「読者の声」に投稿されていたとあるファンの声だ。

この記事を読んで「ニヤリ」とした道内ファンは40万人はいるだろう。

40万人だけがいい思いするわけにはいかない。道外ファンにもおすそ分けしよう。

札幌市内の70歳の主婦の声だ。



リーグ優勝目指して順調に勝ち進んでいた日ハムがこのところ負けが込んでいる。

勝つと深夜のスポーツニュースを全部見逃さず、翌朝の新聞が待ち遠しいが、負けると新聞も見たくない。

気分は落ち込み、食欲もなくなる。


実は私は以前、まったく野球に関心がなく、ルールも野球用語も知らなかった。

テレビ中継画面に前の打席のデータが出るが、その中の「犠牲フライ」が「牡蠣フライ」に見え、

選手の好きな食べ物が紹介されているのだとずっと思っていた。

夫に教えられて、初めて犠牲フライというものがあるのを知ったくらいだ。


それが今は、札幌ドームまでのシャトルバスに乗って応援に通う。

3日通って3連敗したときは、「世の中に絶えて日ハムのなかりせば われの心はのどけからまし」の心境になった。

そんな時はどう立ち直ればいいのか分からない。

ファインプレーを思い出し、「あれがあったから、まっ、いいか」と自分に言い聞かせる。

ファンはみんな、同じ思いだろう。


-これからも、ドームで、テレビの前で、応援し続けましょう。ガンバレ、ファイターズ!






僕もファイターズのファンになりたての時は、たとえ負けていてもその原因は何だろう?とか色々考えたりして、チームと一緒に苦しんだりしていたものだ。

それがいまやすっかり上から目線になってしまって、挙句の果てには「もう、知らんわ」と見放し気味だ。

そんな殿様ファンは今日の朝刊を読んで、頭を後ろからジャストミートされてしまった。

眼が覚めました。高慢チキでした。反省してます。

心を入れ替えて、初心忘れべからずの気持ちで残り試合を見よう・・・・・・かな。できるかな?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。